Clear Carbon Locked Diamond

クリアカーボンロックドダイヤモンド製法


Clear Carbon Locked Diamond(クリアカーボンロックドダイヤモンド)製法という技術は、

世界で唯一のクリアカーボンにダイヤモンドをセッティングする技術である。



この技術でセッティングが出来る職人は世界に3人のみである。

この製法を可能にさせたのは、クリアカーボンという高位炭素化合物(High Carbon Compound)であり、ダイヤモンドと同じ炭素を60%含んだ強度・耐久性に優れた素材である。
モース硬度で表すと7.0~7.7であり、トルマリンと同等な硬度を持つ。

またクリアカーボンは科学的物質に対して腐食されない性質を持ち、不浸透性であるため高度技術に使用されており、

日常的に起こりうる外部影響で問題が生じたという報告はない。



また、爪を必要としないこの製法は、ダイヤモンドのセッティング部分が洋服などに引っかかることもなく、

もちろん爪に溜まりがちな汚れも付かない。
さらに、熱や寒さに対しての耐久性についてもプラスチック等とは全く性質が異なり、120度から−20度までの温度実験でも異常なくクリアしているので、日々の暮らしの中で安心して使用することができる。



透明のクリアカーボンはジュエリーとしてのビジュアル・アピールの点においても透明度・無色性はダイヤモンドより優れており、

また、ダイヤモンドと同じ余角屈折率を有しているため、ジュエリーの製造史上、今までなしえなかったダイヤモンドの輝きを引き立たせて身につけることを可能にした。

もし仮に、カーボン部分が割れたり、欠けたりといった非日常での衝撃を受けた場合を除く日常的な使用でダイヤモンドが外れた場合は、無償で修理、または交換をさせて頂きます。



素材についてはこちらもご覧下さい。

Copyright (C)2010 HydrangeaMacrophylla All Rights Reserved.